yamadamの山日記

2016年9月から山登りを始めました! これから当時の記憶をたどりながら少しずつブログにアップしていきたいと思います。山歩きと同様、ゆっくりのんびりとまとめていきますので宜しくお願いします。

No.27 小浅間山 2017.12.16

日本百名山 浅間山を見に行く 第3弾!


こんにちは(^^)

いつもご訪問頂きありがとうございます♪


2017年最後の山歩きは浅間山を見納めしようということで、浅間山に最も近い 小浅間山(1655M)に行きました。


雪をかぶった浅間山


行く途中に「白糸の滝」に立ち寄りました。滝に行く途中、駐車場から歩道を歩くのですがガチガチに凍ったところもありソロリ、ソロリ~と足を進めます。


まずはみんなで記念撮影


ほかにもふざけていろんなポーズをして撮りましたが、ここでは公表しないことにします(^^;)


それでは、小浅間山めがけて参りましょう♪


いつ見ても美しい浅間山♪ また、会いにきたよ~(*^^)v


登山口に無料駐車場があります。既に何台か停まっていましたので、道を挟んで反対側の峠の茶屋に車を停めさせてもらいました。まだお店の人が来ていなかったので、帰りに駐車料金をお支払いすることにしました。


「はーい、こちらがトラック入り口でーす!」じゃなくて、小浅間山登山口です。では出発しましょう。


東大観測所が見えてきました。


雪が少し積もっている道を緩やかに登っていきます。


雪がうっすら積もっていて、雪道歩きを楽しみながら進みます。


自撮り棒で撮影


登山口から歩くこと40分で馬返しの分岐へ着きました(1550M)


小浅間山はこちらでーす(^^)


分岐から見上げると小浅間山


約10分ほどで小浅間山山頂(1655Mへ)へ到着です。

風がものすごく強いです。


まずはひと回り眺めを見てみましょう!

目の前の浅間山が大きい!

見る角度が違うので、ひらべったく見えますね。


風があまりにも強いので、風がかろうじて避けられる低木のところでシートを敷いて休憩することにしました。みんな完全防備です。それにしても寒かったです。


小浅間山東峰の山頂で約30分ほど休んだ後、西峰に行くことにしました。


なんだか可愛い♪


ウサギの足跡


西峰は浅間山が更に近いです。そして風も強いです💦


ひぇーーっ、強風で飛ばされそう💦


おーい、ここだよぉ…と向こうからもカメラを構える姫


恒例の素人山座同定中! 他のメンバーはひたすら強風に耐えていました^_^;


では、西峰からの眺めをご覧あれ

四阿山や上越の峰々も見ることが出来ます。


浅間山の右側に鬼押出しの始まり(噴火の溶岩が流れた跡)も確認できました。


西峰で約10分ほどいた後、下山することにしました。


小浅間山の山頂まで約1時間という短時間で、大迫力の浅間山に出会うことができて楽しいハイクとなりました。


帰りは軽井沢を通って、オシャレなお店に入ってランチとしました。

他のお客さんはみんなおしゃれな格好で食事をしていました。私たちだけ山の格好で少し浮いているような感じでした💦 「おや、まぁ~」などと言いたそうな視線があったような、なかったような…なにせ、ここは軽井沢ですから。 あちらにもこちらにもセレブ達がいらっしゃいました(*^^*)


ここで遅めのランチをしながら、姫からブログの話を聞きました。「これだけ沢山山に行っているんだから山のブログ始めてみたらどう?」と言われM隊長と私はその場で村ゴンに登録したのでした(^^♪


M隊長はどんどんブログをまとめあげ、あっという間にどんどんアップしています。尊敬するぜ。

私はなかなか進まないのですが、頑張って記憶を辿ってブログをアップしていきたいと思います(*^^*)


本日のコース(登山口にあった看板です💦) 全行程 2時間半


本日のメンバー:こまくさ探検隊(M隊長、姫、Masa、ターボ)


最後までご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

No.26 鉄砲木の頭~高指山 2017.12.9

富士山を見に行く 第4弾!



こんにちは!

ご訪問頂きありがとうございます(^^)


いろんな山に登って富士山を見に行く山歩きも4回目となりました。


今回行く山は山中湖畔にある鉄砲木の頭(てっぽうぎのあたま)に行くことにしました。

ガイドブックを見ると、ここからも富士山の絶景が見られるとのこと。

とても楽しみです。


山中湖畔より少し上がったところのパノラマ台に車を置きます。昨夜から少し雪が降ったらしく駐車場はうっすらと雪が積もっていました。滑らないように慎重に車を停めます。


パノラマ台(1100M)は、富士山、南アルプスの展望撮影スポットです。富士山がくっきり見えています。


冬枯れの道を真っ直ぐに登っていきます。


振り返ると富士山と山中湖が見えます(^O^)!


鉄砲木の頭(明神山)の山頂が見えてきました。もう少し頑張ろう!


昨夜降った雪が少し積もっていて、凍っているので慎重に進みます。新雪の雪道歩きが楽しくて、わざわざふみ跡がないところを歩きました。


足跡発見!何の鳥でしょうか。


パノラマ台から約40分で鉄砲木の頭(明神山)山頂(1291M)に到着です。


山中諏訪神社奥宮

山頂は広く、おもに南~西~北方面の展望良好で、270°の大パノラマが見られました。



南アルプスの稜線が美しい♡


素人マダム達が地図を見ながら山座同定中。展望のよいところに出ると、必ずといっていいほど山を確認して楽しんでいます(^^♪


そろそろ次へ向かおうとしかけたら、向こうからゆるキャラがやってきてお参りをしています。


祠より大きくて笑ってしまいました。


山梨県のゆるキャラ「武田菱丸」と一緒に記念撮影をしました。PRの為に、重たい体(かぶりもののまま)でえっちらおっちら登ってきたみたいです。お疲れ様です(^O^)!


誰もまだ歩いていない道を滑らないようにポールを使って歩きました。


色とりどりの山靴

尾根に積もっている雪は3センチくらいでしょうか。このくらいだと慎重に歩けば大丈夫ですが、これからは道が凍っていたりするので軽アイゼンが必要になりそうですね。そろそろ買わないといけないかな…。


あるのはいろんな動物の足跡ばかりです。なんだかかわいいですね。足跡について行ったら動物に出会えるかも?!


尾根道より反対側の展望を見る。見えているのは丹沢の山々でしょうか。



ここは雑木林の緩やかな下りで比較的歩きやすいです。


平らな尾根を進んで行くと、ほどなく急な下りになります。足元に注意して下っていきます。


鉄砲木の頭から歩くこと約55分、切通峠(1050M)に着きました。神奈川方面の道は通行止めになっていました。ここから高指山方面へ、登りです。


思ったより結構な急登で一気に息が上がってしまいました(笑)


約20分急登を登り、かなりヘロヘロになりました。


高指山(1174.1M)


展望のよい傾斜面でランチタイムとしました。



少し雲がかかってきました。


ヘンなポーズで楽しむマダムちゃん達


ランチの後は眺めのいい下り坂を下りていきます。高指山直下の急坂なので、景色を楽しむ余裕はありません💦💦


振り返って高指山の分岐より山頂を見る


別荘地におりてきました。

「別荘を持てるなんていいわねぇ」

「ここらへんの人は、いつでも富士山が見れるんだねぇ。いいよねー」などと話しながら車道へと向かって行きました。

いつか、シェアでもいいから別荘が持てるといいなぁ…と夢のような話で盛り上がりました。

別荘の間から富士山


高指山から45分、テニスロッジ鹿鳴館(997M)の脇を通り抜けて県道山中湖駿河小山線へ出ました。

ここから長い車道歩きでした。

オシャレなカフェがあるかと探しながら歩いたのですが、なかなか見つからず、結局50分あるいてパノラマ台(駐車場)に帰ってきました。


朝は人がまばらでしたが、多くの観光客やカメラマンで賑わっていました。


帰りに山中湖のファミレスでカフェタイムとしました。

ファミレスの駐車場から見た鉄砲木の頭。茶色の山肌が特徴的なのでわかりやすい。


今回の「富士山を見る山あるき」も、大満足のハイクとなりました(^^)

また、別の山に登って富士山を見てみたいと思いました。


本日のコース(標高差 294M)


今日のメンバー:こまくさ探検隊(M隊長、ハガレーナ、ピカンチ、ターボ)


最後までご覧いただき、ありがとうございました(^0^)/

No.25 稲含山 2017.12.3

こんにちは!

いつも訪問して頂きありがとうございます(^^♪


好きな山言葉は「展望」です。

ちなみに嫌いな山言葉は「急登」です💦💦


12月に入り、空気が澄んできましたので、展望のよい山に行きたいと思いました。今回は群馬県の西上州随一ともいえる展望が広がる「稲含山(いなふくみやま)」へ出かけることにしました。


今回の山旅はお隣の群馬県ということでわりと近いので、高速道路を使わず一般道で行くことにしました。


車を走らせること約1時間半、神の池公園(1003M)の脇の駐車スペースに車を停めて支度を整えます。


朝の神の池公園の池は凍っていました。

ポールで突っついてみるナース。なんだか嬉しそうですね♪


一の鳥居まで300mを登っていきます。

朝は冷えきっていて、冷たい空気の中を白い息を吐きながら階段を登ります。

まだ陽が当たっていないので寒々しいですね。

途中、植物の根元に変わった形の氷の塊(霜柱)がありました。ガラスの器のようでキレイです。


林道を横切り少し行くと一の鳥居に着きました。この辺りからようやく陽が差し込むようになりました。気温は0℃、指の先がかじかんでいます。


右手に鉄塔が見え、少しいくと茂垣峠へ出ます。


そこから少し進むと赤鳥居に着きました。

なかなか立派な鳥居です。


ここからジグザグに伸びる階段が続きます。268段もあるとか…

雑木林の中の階段を一段一段登っていきます。もうおしゃべりしている余裕はなく、みんな黙々と登っています。


階段を登り切ってベンチのある開けた所に着きました。北西方面でしょうか。

榛名山、赤城山方面

白い雪をかぶっている浅間山と茂垣の集落

浅間山の左奥には北アルプスまで見ることができて感動です!


展望を楽しんでいると、私たちの後ろを長靴を履いたおじさんが足軽に通り過ぎていきます。(長靴をはいたネコではありません。) 通りすがりに挨拶をしました。聞くところによると稲含山の管理人とのことでした。ほとんど毎日登っていらっしゃるとのことでした。管理人さんはスイスイと登って行き、みるみるうちに差が開いていきます。


山頂に登ったら、展望をみながら山の名前を教えてあげますよ…とおっしゃったので、私たちもワクワクしながら山頂を目指しました。

気持ちははやるものの、そんなにスタスタと歩けないのが現状です💦💦だってしょうがないじゃない、オバチャンだもの…


鞍部からクサリ場や転落防止のフェンスを登っていきます。北側の斜面で陽が当たらないところなので、霜が降りているので気をつけて進みます。


神社までもうひと登り、頑張りましょう!


神社手前のせまい石段を上ります。稲含神社までもう少しです。


稲含神社は群馬県で一番高いところにある神社です。

先程の管理人さんが私たちの事を待っていてくれたらしく、稲含山神社に着いたら祝詞をあげ始めました。


それから管理人さんが神社や山について話をしてくれました。


神社からロープや急な石段を登ること5分で山頂に到着です。


そこには、360°の大パノラマが広がっていました。


稲含山(1370M)


浅間山

北アルプス連峰

奥に雪をかぶっているのが八ヶ岳連峰

西御荷鉾山(右)とうっすらと日光男体山(左)


船の形(タンカー)をしている荒船山


浅間山(アップ)と右奥には四阿山


北アルプス


山頂で管理人さんに、ひと通り山の名前を教えてもらいましたが全部覚えきれませんでした💦 M隊長がメモしてくれていたので、よかったです。私もビデオを撮影していたのですが…

後で見たら、管理人さんが山の説明をしてくださってるそばから、私たちの「へぇーー」「はいはい!」「ほぉーー」「すごーぃ」など、いちいち感動している声がビデオに入ってて、どれがどの山なのか結局よくわかりませんでした。撮影者(ターボ)が下手なだけです💦


山頂ではぐるーりと360°の大展望を見ることができて、大感激でした。いつまでも見ていたかったですが、山頂はそれほど広くはなく、後から来たハイカーで混雑してきたので、惜しみながらも下山することにしました。

親切にガイドをしてくださった管理人さん、ありがとうございました。


神社を過ぎて、元来た道を途中までスムーズに下山していたのですが、茂垣峠より下の駐車場を見ておきたいと思い車道を下ることにしました。

おしゃべりしながら下って行ったので、道間違いをしているのに気づかず💦かなり下ってしまいました。後から地図で確認すると下仁田方面に進んでいた事がわかりました。

そこからUターンして、茂垣峠へ戻りました。


戻ってきた峠のところでパチリ。


30分ほどロスをしましたが、無事に駐車場に戻ってくることができました。

本日の稲含山の展望は、管理人さん曰く90点だとおっしゃっていましたが、私たちは大パノラマに大満足でした♪


また訪れたいね!


本日のコース(標高差305M)

全行程 約4時間(ロス時間含)


本日のメンバー:こまくさ探検隊(M隊長、ナース、ターボ)


最後までご覧頂きありがとうございました(*^^*)